• 2019/02
  • 18 Monday
  • 23:36

しかく

決まってた筈の事も色々とあって変わってく。
良い方とか悪い方とかの考え方をするよりも、
面白い方に転がる様に努めるってのが必要だ。



そんな訳で今夜は詩を書く、俺。

用意してたイメージや言葉で足らなくなりそうなんで、
ラフな状態の曲を聴きながら直感的に言葉を綴る。

視覚以外で得れられる情報を文字という視覚情報にして詩書く。
資格は必要無いのに自分に書く資格があるか考えながら詩書く。

…………うん。失格。


直感的に言葉を綴ると素早く書けるけど、
意味は伝わり難いんだろうなぁ。
  • 2019/02
  • 17 Sunday
  • 22:21

どーでもいい話



頭の中でグルングルンする思考ってのは、
時に人様にとっては本気でどーでもいい話。
GALLERY MADEってイベントを毎月行っていると、
必然的に料理をする頻度が高くなってくる訳だが、
料理するだけで自分が食う事は殆ど無いんだわ、俺。

食いたくないとかじゃあなくて食わないだけで、
人様にお出しする料理と自分で食う飯は別物な感覚がある。

独り身が長いと自分の飯とかどーでも良くなって、
煙草と珈琲だけで良いんじゃねぇかと思えてくる。
まー、思えてくるだけで実際はパンとか囓るんだが、
何にしてもこの、料理は自分の為にするもんじゃ無い。
的な感覚が良いんだか悪いんだか判断し難いもんで、
し難いってよりも、割と本気でどーでもよくって、
そのくせ新しい調理器具とか調べてる自分がいて、
なんなら味の研究の為に食事とかしちゃう時があって、
料理が仕事の一部化してんだなぁとか感じ出してるから、
色々と感覚がズレてきてんだなぁとかも思うんだけど、
今更になって後に引けない的な流れを感じたりもして、
どうせなら毎週の様に料理しようかって気にもなったり、
そうするとGALLERYにテーブル増やそうかとか、
キッチンの改装しようかとか思いだしちゃったり、
しながらの今夜の晩飯はフライドポテトなんです、俺。

ねっ、どーでもいい話でしょ。
  • 2019/02
  • 16 Saturday
  • 23:16

対話

自分と対話をする時、自分という個の連続性を
どの地点で区切るかによって内容は大きく変わる。





センターのピースを創ったのは12年以上前だったか。
この何年間かは、Loud Style Designの場合、
ワンメイクで使用するピースは、この5年以内の物か、
地金から彫り出したりが多くなってたと思う。

5年以上前の自分と対話したくなかった訳じゃなく、
対話の結論が出難い自分が居る気がしてたんだろう。

常に次へと進みたがってると区切り目が無くなって、
振り返る事が下手になってた様な気がする。

連続性を無くして不可逆的な思考になってしまったのか、
対話しない事が速度を上げるのに必要だったのか、
どちらにしても時期じゃなかったんだろう。

今日は時期が訪れた気がして、対話してみた。
連続性は無くなったんじゃなくて埋もれてただけだった。

速度を上げる中で積み上げてきた量の中で、
ずっと同じ場所に居た自分と進み続ける現在の自分は、
同じベクトルで結論を導き出す事になるんだと、
再確認させられたなぁ、俺。
  • 2019/02
  • 15 Friday
  • 23:16

気温ボケが

この時期のアメリカ行ったり来たりは気温差が辛い。
時差ボケにはならないクセに気温ボケで体調を崩し、
疲労も抜けないから仕事に遅れが出て苛つく。

「そういう時はちゃんと食べて休んだ方が良いよ」
とか、有難いお言葉頂いたりもするんですが、俺。

ちゃんと食うと疲労からか胃が痛くて気持ち悪いんす。
休もうと思って寝てみても起き抜けの頭痛が酷いんす。
仕事しないで遅れが出ると気分も悪くなっちゃうんす。



治しようが無いから、ジッと堪え忍ぶしかねぇなぁ。
  • 2019/02
  • 14 Thursday
  • 23:34

雑い

どんな仕事でも出てくるんだとは思うんですが、
寧ろ仕事だけじゃなく人間関係や自分の暮らし、
様々な物事や思考に必ず顔を出してくるアイツ。

そう、「雑」ってヤツが必ず出てくる。

度合いとかは人によって感じ方が違うだろうし、
気にしなけりゃ気にしないで別に良かったりもするし、
逆にその雑さが何かしらの味わいみたいになったりもする。

しかし、確実に顔を出してくる「雑」いヤツ。

何処まで行っても気にしてしまえば気になるし、
納得が遠いと幾らでも難癖付けれちゃうだろうし、
雑にならない様にと懇切丁寧に整えてみても、
逆に、整えときゃ良いんでしょ的に思われたりもしちゃう。

難しいもんなんですよ、「雑」ってのの扱いは。



に、しても雑いよね。

何で、「アント」と「アンド」だけ日本語訳なんだろ?
計り知れない高度なギャグか何かか?
思いも寄らない大人の事情でもあんのか?

こーゆーのは、キッチリ「雑」だと思う、俺。
  • 2019/02
  • 13 Wednesday
  • 23:00

次の準備

LAのFAKTORYに今後の為に工具を置いてきたので、
コッチはコッチでまた工具を再設定しなきゃならん。



買い足さなきゃならない工具も多いし新しい課題も多い。
課題が多いってのは旅の成果って事なんだが、
どっから手を付けたもんだか整頓しねぇとなんねぇ。

次の準備をして次に行ったらまた次の準備してまた次に。
そーやって繰り返していくのが当然なんだが、
たまに繰り返しから外れてみたくもある、俺。

まぁ、今はそんな誘惑に負けるよりも次の準備が先。
簡単に誘惑に負けれる自分だっなら良かったと、
思う事も無くは無いが、次に行きたい欲のが強いねぇ。
  • 2019/02
  • 12 Tuesday
  • 11:00

まだいたい

身体をアレコレと色々と引き摺り回して、まだ痛い。
そんな痛みの中でも、この目の中に映る。


安宿の歪んだ階段。


いつも壊れてるコーヒーマシン。


駐車枠に停まってる原チャリ。


便器が丸ごと捨てられてるゴミ箱。

相変わらずメチャクチャだけど、
相変わらずやりたい事が多くて、
相変わらずな風が吹いてる街。

身体は、まだ痛い。
それでもこの街に、まだ居たい。

そう思っても戻る必要があるし、
そう思っても戻る理由もあるし、
そう思っても戻りたくもある。

またきたい。また来たい。また期待。

また来たら、また何かに、また期待してる。
またそんな旅を。
  • 2019/02
  • 11 Monday
  • 21:44

膝に痛い

今朝も早よから打ち合わせと設営の連続とあって、
ここ数日続きの雨が不安要素だったが見事に晴れ。



FAKTORYでみっちり3時間の打ち合わせと撮影、
それからロバートんトコにショーケースを運んで設営。



積載オーバーと体育座り運転にも慣れたとはいえ、
膝に痛いのは変わらないので熱い陽射しが憎い程。

設営やって、またみっちり2時間打ち合わせして、
ロバートんトコの新作のシャツとか見てたんだけど、
「お前はブラックばっかり着過ぎ!!」って、
ロバートが白シャツをプレゼントしてくれたんだが、
汚れ仕事ばかりで着る機会があるんだろうか、俺?



打ち合わせ終わったらストックの整理が待っていて、
さっさかさかさかとFAKTORYに戻るしか無く、
廃墟撮影も買い付けもする時間が無く車を運転。



歩いて運んでの繰り返しで膝に痛いんです。



新しい機材のセッティングもあったりしで、
コイツがまたクソ重たいんで膝に痛いんです。



そんなこんなで恒例の打ち上げBBQやる時間も無く、
今夜は山盛りパスタで済ませて、ごちそうさまでした。

仕事ばっかりで身体中が痛いんだよね今回は、俺。
  • 2019/02
  • 10 Sunday
  • 23:10

手に痛い

何処でもじゃあないが宿泊先が安い宿の場合に困るのは、
「ハウスキーピング」で勝手に部屋に人が入ってくる事。

この三日間…………。
毎朝、同じメキシコ人のオバちゃんにチンポ見られてる、俺。

徹夜で仕事して早朝少し寝て出掛ける前にシャワー浴びて、
フルチンでシャワールームから出てきたぐらいに、
「ハウスキーピング!」ガチャッ!!
って、部屋のドアが開いてメキシコオバちゃん。
水もしたたるマイ・サン。

この繰り返しが今朝で三日目だから偶然に感じないが、
この三日間は部屋から出掛ける朝の時間が同じだから、
そーなるのも納得してしまうところが無くは無いが、
「俺は良いけど、矢沢はどうかな?」的な感じを
見られたところで全く動じないマイ・サンに感じる、俺。


そんな訳で、
今朝もFAKTORYに集合して、お片付けの続き。



ホームセンターは、土木のディズニーランド。
アメリカのホームセンターはいつも夢の国だと思う。
不足してる物を買い足しに来るだけで楽しい。



生憎の雨でもって、やる気マイナスなうえに寒い。
濡れた材木とか鉄とかを解体してると手が痺れ、
自分でも気が付かないうちに指先から血が出てる。



だからと言って、片付けしない訳にはいかないんで、
次回の為にハイサッサッー的にお片付け。



終わったぐらいに雨も上がって、手が痛くなる。
こうやってまた仕事してるだけで日が過ぎていく。

明日の朝も、メキシコオバちゃんは来るんだろうか?
そん時に、頑張って全力の勃起してたら訴えられんのかな?
  • 2019/02
  • 09 Saturday
  • 22:16

腰に痛い

2日目に何を彫ろうかと思ってみたが、
ちょっと変化球なヤツをやってみたくなって、
ANOTHER HEAVENのファニーな面を出してみた。



ヴィンテージのヤレ具合は、明らかに会場の影響。
この雰囲気はまだまだ探求のし甲斐がありそうだ。

そんでもって、イベントは無事に終わって片付けとなり、
ディスプレイを全面バラしてトラックに積み込み、
誰がどう考えても腰に痛い、俺。





会場が広過ぎて終わってからの空虚感が半端じゃなく、
感傷に浸ってみたくても積み込みで腰が痛くなり過ぎで、
FAKTORYでの再設営で腰が砕けんじゃねぇかと思ったが、
何とかかんとかやり遂げて、レンタルトラック返却に行き、
Komy画伯の「ハラヘッタ」病がマックスな中、



………ケンイチ君のアメ車がブッ壊れて動けなくなった。


コイツをレッカー出来る場所まで押すかと思うと、
腰に痛い。どころじゃねーんだよなぁ、俺。

Selected Entries

Links

Archives

Search this Site.

Others