• 2017/05
  • 19 Friday
  • 21:00

SIGNAL THE END OF ROAD 02



正義の味方は何処に居るんだろう?
正義の味方に会えたなら、正義の見方を聞いてみたい。
正義の味方はあくまでも、味方であって正義じゃない。
正義の味方が悪魔でも、皆んなは正義と言うのかな?

正解を1つ出す。すると次も正解を目指し、その次、その次も。
やがて、正解が10を超えた頃に積み上げた正解が、
本当に正解なのか?と問われたとしたなら、
どうやって正解だと証明するだろう?
正解の裏には常に間違いがあって、
間違いの側から見たら正解は正解なんだろうか?

人生の中で常に付き纏う選択で、出来れば正解を選び、
間違いの無い人生を歩みたいと誰もが思う。
間違いは悪い事だと、間違いは無駄になる事だと、
教育か躾か、それとも身に付けた常識だか、
出来る限り間違いの範疇で選択を行わずに、
無理の生じない正解の範疇で選択をしようとする。

間違いを選ばないのが間違い無い事だと、
選んだ筈の正解が、実は間違いの範疇だった時に、
間違いを知らなければ間違いだとは気付けない。
間違い無く正解は、間違い無く間違いと、
どちらが純粋だろうか?

なんだか言葉遊びになってしまっているので、
話を判り易く身近な事象に少し変えてみよう、俺。

進路を決める際に、自分の経歴や能力を見て、
自分の希望する方向を狭めながら、通れそうな道を選ぶ。
選択が、通れないという間違いにならない様に、
本当の希望よりも無難で、無理のなさそうな道を。
其れが正解だと、親や教師や友人は言うかもしれない。
自分自身も、身の丈に合わない道は間違いや失敗の元と、
間違いの無い正解を選んだとしよう。

さて、この時の正解は正解だろうか?
三年経って、十年経って、正解だと言えるだろうか?

話をもう一つ追加しよう、俺。

小学校の教育の一環で、クラスで豚を飼育し、
成体になったら屠殺し、捌いて調理し食す。
確か映画化もされた様な話だったと思うが、
少し、物議を醸した事象だった様に記憶している。

命の尊さと、生きる事の業、食べる有り難み、
教育の目的としては、そんなところだろうし、
正解を並べて教育に当てはめたら、こうなった。
そんな印象を受ける。

この教育に反対派の人達の意見としては、おそらくだが、
小学生が実際にやらなくても教育なら映像で充分。
飼育から屠殺し食さなくてもスーパーに売ってる。
という感じの、間違いを並べて指摘してます。
そんな印象を受ける。

要するに、
暗部を教えるか教えないかの鬩ぎ合いだ。
生命の存続には食物連鎖が必要で、飼育と屠殺は不可欠、
感情と現実の違い、生命の尊さ、生物としての業。
その存在を小学生に認識させるのが正解か?間違いか?

教育の問題に踏み込もうとは思わないし正解も判らないが、
暗部を教育するならば、何故?とは、思う。

何故、人を殺す事と死の必要性は教育されないのだろう?

食物連鎖と等しく、人が死ぬ事で保たれるバランスや、
戦争によって生み出されるテクノロジーの恩恵。
先達が滅びなければ次の世代が生きれない事を
教育する事は、間違い無く間違いだとされる。

生命の尊さや、生物としての業を教育するならば、
当然の様に必要だと思うのだが、その逆ばかりが教育される。

人命尊重、戦争の愚かさ、世界平和、人類皆兄弟。
そるが正解と教育しておいて、平和ボケだと嘆く。
安全は金で買っているのだとすら教育しておかないで。

間違いは、間違い無く間違いで、
正解は、間違い無く正解だろうか?


9SIGNALSってタイトルの旅をしながら、
GALLERY REFUSEの三階を改装してスタジオにした。

怪我のせいで体調は思わしく無いし、忙しさも相俟って、
三ヶ月以上の時間が掛かってしまったし、
改装の内容からしても、独りで作業するレベルじゃなかった。

その間に、アシスタントのジバゴをクビにして、
仕事の体制や、予定も大きく変化する事になったし、
労力が増す事も目に見えている訳だが、俺。

現時点での正解を出そうとは思っていない。

身体の状態や年齢や環境の側面から見た正解。
ビジネスやブランディングの側面から見た正解。
店や空間、人の流れや使い勝手の側面から見た正解。
正解はどの側面からでも幾らでも在り、
いつでも選べ、選ばなければならない時がある。

間違いは、間違えられる時にしか間違えられず、
間違えなければ得られないモノが在る。

間違える事が正解だとは思わないが、
正解は常に間違い無いとも思わない。
間違いでも正解でも、十年経って正解に出来るのは、
常に自分でしかない。


Selected Entries

Links

Archives

Search this Site.

Others