• 2017/12
  • 05 Tuesday
  • 22:39

カーブに見られるフェティシズム



流線美や曲線美みたいな事を思い浮かべると、
呪物崇拝や性的倒錯に近い感覚でバランスが決まる。

後は、其れを何処まで活かして何処まで殺すか。

今日の作業では、どーにも殺せずフェティシズムに従い、
好みのカーブが生じるまで地金を叩き続けた、俺。



……………………欲求不満か何かだろうか?

Selected Entries

Links

Archives

Search this Site.

Others