• 2018/03
  • 12 Monday
  • 23:00

取り留めもない話

GALLERY REFUSEの目の前の通りは、新大橋通りで、
その新大橋通りと交差する清澄通りってのも在って、
この二つの通りが、東京都江東区森下のメイン。

近年は、スカイツリーだとか、清澄白河のカフェだとか、
森下ではなくて、森下から近い地域に名所が増えて、
以前にも増して、ベッドタウンの担い手になったのか、
マンションが乱立して、コンビニだけが増え続ける、森下。

街の正しさなんてモンは、個々の望みで変わるが、
新規参入が街に増えれば、旧世代と折り合いが付き難い。
そんな現象は人間社会に限らず、世界中の何処でも同じで、
街が変わっても、適者生存のルールだけは変わらない。

SEMBL STOREが去年の10月に潰れてね。
先日はSEMBL STOREの隣の鯛焼き屋が潰れて、
二軒はメインの新大橋通りから50メートル入ったトコで、
場所はそんなに悪くもなくて、人通りもあってさ。

地域と上手く付き合わなかったSEMBL STORE。
地域での人付き合いも上手くやってた、鯛焼き屋。
その何方もが近い期間で潰れて無くなって、
でも、気持ち的にそんな事実は、どーでも良くって、俺。

長野に行った時に、「イナゴ」って書いた看板を見て、
今でも長野だとイナゴの佃煮とか売ってんだなぁ。
商売的には、此れも適者生存。とか思って、
看板の近くに行ったら、「イチゴ」って書いてあった。
そんな、どーでもいい事の方を考える。

何だったら適してて、如何だったら生き残るか?
そんなのは結果でしか語れないから取り留めもない話。

地域をシカトしようが、地域と上手くやろうが、
潰れて無くなってしまえば適してなかったし、
「イナゴ」だろうと「イチゴ」だろうと、
生き残ってりゃ立派なモンなんだろうね、世間様的には。

そんな、取り留めもない事を考える。

Selected Entries

Links

Archives

Search this Site.

Others