• 2018/12
  • 27 Thursday
  • 18:44

どの視点



日常の中で視点を選択してみて、物事を凄い事だと捉えると、
「生きてる事が奇跡!」みてぇな考えになる。
逆に日常の物事に対しての視点を、当たり前だとしてみると、
「そんなんよくある事じゃん」みてぇな考えになる。

価値観って言葉に変えてみたり、美学とかにしてみても、
ある程度は同じ様な現象が起こるもんなんだが、
人の思考ってのは、この凄いと当たり前を行き来する。

その曖昧さを許せない人は思考が凝り固まるし、
その曖昧さに甘えてる人は思考が定まらない。

どちらかに決めなきゃいかんと法律で決まってるでも無し、
肉体と感情が存在するからには必ず曖昧になるのだが、
一貫性とは、先に選択を行い貫く事でもある。


選択した物事を、広げるだけ広げて試してみた結果が、
望んだ物では無かった時に、選択を変えたとしたら、
周囲からは曖昧さとかブレを指摘されるだろう。

でも、その指摘する視点が曖昧で無いと言えるだろうか?
その視点は、物事を行う側に対して狭く無いだろうか?

色々と物事を広げていくと、自分に対してそんな事を考える。
まだまだ広げていく途上なだけに、そんな事を考える。

あとは、身体がもつかだな、俺。

Selected Entries

Links

Archives

Search this Site.

Others